TOP

風俗を初体験してからの体験談を書いています。

風俗で微乳なんて関係ない

微乳風俗嬢のKちゃんはやはり自分の微乳に対してあまり自信がなかったようですが、はっきり言って風俗では微乳くらいの方が良いものですよね(笑)感度とか最高じゃないですか。
男にとって…というか自分にとってだけなのかもしれませんが、女性の胸は大きさよりもむしろ感度とか形じゃないですかね。特に乳輪と乳首。これこそがポイントになると思うんですけど、彼女は乳輪がとてもきれいだし乳首も綺麗。これは大当たりだなと思いましたよ。綺麗な乳首はついついしゃぶりつきたくなるようなものでした。しかも感度も良好。はっきり言って巨乳よりも断然魅力的だったんじゃないかなと思いました。
そしてその微乳をがっつり楽しんだ後は最後に彼女の口の中で出してきたんですけど、その際も乳首を刺激していました。感度が良いのでお口に出している時もエロスそのものだったんじゃないかなと。あれだけの快感を得られたんです。やっぱりおっぱいは大きさではなく、感度だなと実感しました。
たまには気分を変えて錦糸町の風俗(https://fuzoku.jp/tokyo/a_2035/)に行ったのが功を奏しましたね。

錦糸町のMちゃんにはもう何も言う必要がない

錦糸町に行ったらいつも指名する風俗嬢のMちゃんとは、もう何度楽しんだのか分からないレベルです。そのおかげで彼女相手にはあれこれ言う必要がないレベルですね。何も言わなくてもこちらのことを分かってくれる女の子なので安心してプレイを楽しめるんですよ。以心伝心ってやつです。
風俗もやっぱり相性というか、お互いへの信頼感とか自分のことをどれだけ分かってくれているのかといった部分は大切だと思うんですよ。だからこそ彼女はあれこれ気を使う必要もなければ本当に安心して楽しめる存在とあって、とっても貴重な存在ですよね。
彼女は性格は割とあっさりなんですけど、そこも気に入っています。キャラクターを作ってこちらに接するんじゃなくて素の彼女と接しているかのような気持ちになれるので嬉しいんですよ。風俗嬢としても真剣だと思うんですけど、彼女は割とあっさりしているので話しやすいんですよね。だからついつい話が盛り上がってしまうこともあるんです。だから彼女の存在は大切なんです。